WordPress

WordPress5.0~:投稿画面を元の古いエディタに戻す方法

WordPressを5.0にバージョンアップすると、投稿画面(エディタ)が新しくなります。

新しいエディタの名前は「Gutenberg(グーテンベルク)」。

使い方がガラリと変わるだけでなく、文字カウントがなかったり、クイックタグ(自作した挿入ボタン)が出てこなかったりと、頑張って慣れようとしたもののいったん断念。以前の使い慣れたエディタに戻すことにしました。

今回は投稿画面を元の古いエディタに戻したときの備忘録です。

1. プラグインなしで元のエディタにほんの少し戻す方法

設定だけで元のエディタに完全に戻るわけではありませんが、プラグインを使わずほんの少しだけ元のエディタに戻す方法があります。

「+」マークから「フォーマット」を選び、「クラシック」を選択。

WordPress5.0~:投稿画面を元の古いエディタに戻す方法

すると見覚えのある元のエディタがほんの少しでてきました。

WordPress5.0~:投稿画面を元の古いエディタに戻す方法

ただ、クイックタグがぱっと見たところにないこともあり、不便さはぬぐえません。

文字カウント機能はいらいない、クイックタグを作っていないというのなら、一度この方法で慣れるまで頑張ってみるのもいいのかなと思いました。

2. プラグイン「Classic Editor」を使って元の古いエディタに戻す方法

投稿画面を元の古いエディタに戻すなら、プラグイン「Classic Editor」を使う方法がおすすめです。

WordPress5.0~:投稿画面を元の古いエディタに戻す方法

「Classic Editor」を有効にすれば見慣れた元の古いエディタに戻ります。

WordPress5.0~:投稿画面を元の古いエディタに戻す方法

もちろん文字カウントもクイックタグもばっちり。

新しいエディタに戻すときもプラグインを停止してしまえばいいので簡単です。

You may also like

I'm kaori.
Nice to meet you.

kaoriです。WEBデザインをしたりイラストを描いたりしています。本を読んだり絵を描いたりするのが好きなインドア派…だったのが「いろいろなことに挑戦してみたい!」の気持ちが大きくなり少しずつアクティブに。楽しかった旅の記録と日々の備忘録を兼ねたサイトです。お気軽にご覧ください。