機内が寒い。飛行機内で快適・リラックスに過ごせる服装と持ち物

機内が寒い。飛行機内で快適・リラックスに過ごせる服装と持ち物

旅行に行くなら荷物はできるだけ少なく準備したいところですが、どうしても必要なのが飛行機内の防寒具です。

旅行先は南国だから、と短パン・ノースリーブで飛行機に乗り込んでしまうと凍えて大変なことになります。最悪の場合、風邪を引いて旅行が台無しになってしまうことも…

私自身、何も知らずに軽装で機内に乗り込み「寒い…」と機内で震えて過ごしたこともあり、機内の防寒については荷物が増えることに毎回嫌になりつつもしっかり準備するようになりました。

たとえ2時間、3時間の短い移動時間であっても、機内では快適に過ごしたいものです。

飛行機内で快適・リラックスして過ごせる服装と持ち物をまとめましたので、これから飛行機に乗る予定のある方のお役に立てれば幸いです。

ゆったりとしたリラックスできる服装を

飛行機内ではリラックスして過ごせる服装がおすすめです。

体を締めるつける服やピタッとした服は避け、ゆったりした格好にすると機内を快適に過ごせます。

女性に関しては、下着のブラジャーもキツいものよりゆる~いものを。機内のなかだけホックを外したり、ユニクロのブラトップなどを着てまったり過ごしましょう。

さらに靴もなるべくヒールがないものを、もしくは機内用にぺったんこのスリッパを持って行くとリラックスできます。

ストレッチ性のないぴったりとしたデニムを履いてしまうと足がパンパンになってしまいますのでご注意を。

シワになりにくい服の素材を

飛行機内では長時間座ったままで過ごします。そのためシワになりにくい素材の服を選ぶことをおすすめします。(シュッと格好良くきめた服装なのに、お尻の部分だけ座った跡がしっかり残った、シワシワになったズボンやスカートを履いている人を見るとほんの少し残念な気持ちになります…)

始めから長時間座ることわかっているのでしっかり対策していきましょう。

シワになりやすい素材は綿(コットン)、麻、レーヨンなど。麻やレーヨン素材の服は夏服によく使われていますので注意してください。

反対に、シワになりにくい素材は毛(ウール)、ポリエステル、ナイロンなどになります。プチプラの服にポリエステル・ナイロン素材が使われていることが多いので、機内用に3,000円ほどでマキシスカートなどを購入してもいいかもしれません。

防寒対策をしっかりと

飛行機内は寒いです。極端ですが「夏でも機内は極寒」と大げさに考えて防寒対策をしていくと体調を崩すことはまずありません。

私はたった2時間のフライトであっても必ず防寒対策として上着ともこもこの靴下、ひざ掛けは持っていきます。ほんの2時間、されど2時間です。

暑ければ脱げばいいだけの話ですから。

荷物がかさばる…といつも思いますが、なんだかんだいっていつも防寒対策をしておいて良かったなぁと機内で思っています。

機内へ持ち込む物

マスク

機内は乾燥しているのでマスクを持ち込むのがおすすめです。

1~2時間であればマスクをしなくても水分補給しながら乗り切れることは乗り切れますが、マスクをした方が快適に過ごせます。

コンビニなどで売っている使い捨てマスクはマスクが1枚1枚包装されているので、それを利用すると必要最低限の荷物で済んで便利です。

ネックピロー・アイマスク

椅子に座って眠るのが苦手だという方は、ネックピローやアイマスクを持ち込むのがおすすめです。

私自身はどこでもどんな状況でもわりと眠れるタイプですが、夫は短いフライトであっても必ずネックピローとアイマスクを持参しています。

水分補給用にお茶やジュースなどペットボトルは1本持ち込みたいところです。

おすすめは水。

水は1本あると何かと便利です。

水分補給はもちろん、薬を飲んだり、何かをこぼしたときにわざわざトイレに行かなくてもシミ抜き用の水としても使えます。

You may also like

I'm kaori.
Nice to meet you.

kaoriです。WEBデザインをしたりイラストを描いたりしています。本を読んだり絵を描いたりするのが好きなインドア派…だったのが「いろいろなことに挑戦してみたい!」の気持ちが大きくなり少しずつアクティブに。楽しかった旅の記録と日々の備忘録を兼ねたサイトです。お気軽にご覧ください。