大阪-石垣島の飛行機の料金と移動時間はどれくらい?格安ならやっぱりピーチ?

ピーチで大阪から石垣島へ。飛行機のチケット料金と移動時間の目安

大阪から石垣島へは、意外と気軽に行くことができます。

なぜなら関西国際空港から新石垣空港(南ぬ島石垣空港)までの路線をJAL・ANA・ピーチの直通便が1日1便、それぞれ運航しているからです。フライト時間はたったの2時間30分。(ちなみに伊丹空港から新石垣空港へ行くとなると、那覇空港を乗り継がなければいけません)

そして旅の味方、ピーチを使えば格安価格で石垣島へ行くことができます。オフシーズンなら大人1人、往復2万円以下。さらにセールを利用すれば片道5,000円以下(!)になることも。

旅の記録も兼ね、ピーチを利用したときの大阪から石垣島までのチケット料金、大阪から石垣島までの移動時間をそれぞれご紹介します。

大阪から石垣島までの飛行機のチケット料金

ピーチを利用すれば、格安価格で石垣島へ行くことができます。まずはピーチを利用した関西国際空港から新石垣空港へのチケット料金をご覧ください。

シンプルピーチ6,890円 ~ 40,290円
バリューピーチ9,550円 ~ 45,550円
プライムピーチ11,720円 ~ 47,720円

※2020年3月29日~2020年10月24日搭乗分

シンプルピーチはとにかく節約をしたい、旅慣れた方やひとり旅の方のためのチケットプランです。機内手荷物は7㎏まで持ち込めますが、手荷物を預けたり、座席指定をする場合は有料になります。また2日前までにチケットを購入しなければいけません。

バリューピーチは手荷物を1つまで無料で預けたり、座席指定をすることができます。ピーチはこのバリューピーチをスタンダードチケットとしておすすめしており、搭乗時間1時間前までに購入することができます。

プライムピーチは荷物が多い方のためのチケットプランです。手荷物を2つまで無料で預けたり、座席指定をすることができます。こちらも搭乗時間1時間前までに購入することができます。

比較対象がないとピーチの料金が安いのか高いのかわかりにくいと思いますので、次にJALとANAのチケット料金もご覧ください。

JAL 関西国際空港-新石垣空港

普通運賃54,300円
往復割引47,600円
特便割引1(前日予約)47,500~47,100円
特便割引3(3日前予約)38,700円
特便割引21(21日前予約)28,900円
先得割引タイプA(28日前予約)22,800円
先得割引タイプB(45日前予約)20,600円
スーパー先得(55日前予約)16,300円
ウルトラ先得(75日前予約)9,700円

※2019年6月3日(月)に利用した場合の料金です。
※ゴールデンウィークや夏休みなどのハイシーズンに利用する場合、こちらに記載している料金より高くなりますのでご注意ください。

ANA 関西国際空港-新石垣空港

フレックス50,430円
バリュー1(前日予約)47,530円
バリュー3(3日前予約)39,130円
スーパーバリュー21(21日前予約)26,430円
スーパーバリュー28(28日前予約)23,830円
スーパーバリュー45(45日前予約)23,730円
スーパーバリュー55(55日前予約)22,930円
スーパーバリュー75(75日前予約)21,830円

※2019年6月3日(月)に利用した場合の料金です。
※ゴールデンウィークや夏休みなどのハイシーズンに利用する場合、こちらに記載している料金より高くなりますのでご注意ください。

料金だけを比較するとやはりピーチが断然トップで安いですね。

そして次に、私が実際にピーチを利用して石垣島へ行ったときのチケット料金です。(大人2人の料金です)

往路関西国際空港→新石垣空港
運賃8,590円×2
諸税・空港使用料等410円×2
座席指定(プレジャーシート)500円×2
受託手荷物1個1,600円
往路合計20,600円
復路新石垣空港→関西国際空港
運賃4,477円×2
諸税・空港使用料等360円×2
座席指定(プレジャーシート)500円×2
受託手荷物1個1,600円
往路合計12,274円
支払い手数料2,160円
合計35,034円

※2019年5月のオフシーズン、ピーチセールを利用したときの料金です

5月、ゴールデンウィークが終わったオフシーズンだったことに加え、セールを利用したので片道半額で行くことができました。(本当は往復セール価格で手に入れたかったのですが、競争率が高く、片道分しか手に入りませんでした…。残念)

チケットの種類はシンプルピーチ。

シンプルピーチのチケットだと、機内手荷物は7㎏まで持ち込めますが、手荷物を預けたり、座席指定をする場合は追加料金が必要になります。

夫と2人旅行だったので、座席指定と手荷物を1つ預けるため、それぞれオプションを追加しました。(もちろん事前に予約しています)

ピーチの座席の種類の特徴などは、以下のリンク先にまとめています。ピーチは予約をすれば安くなりますが、その場で追加費用を支払わなければならない…となると一気に割高になります。

知らなかったためにうっかり追加費用がかかってしまった…ということがないよう、しっかり事前にご確認ください。

ピーチを予約する前に。3つの運賃タイプ「シンプルピーチ・バリューピーチ・プライムピーチ」を比較。おすすめは?

ピーチを予約する前に。3つの運賃タイプ「シンプルピーチ・バリューピーチ・プライムピーチ」を比較。おすすめは?

私が石垣島へ行ったときは台風の心配もあまりない5月だったので、とにかく料金重視。格安で行けるピーチのシンプルピーチを選びました。

シンプルピーチのメリットはとにかく料金が安くなりますが、フライトを変更をするときに手数料がかかる、予約取消のときに払い戻しがない、座席指定ができない、荷物を預けられない…といったデメリットもあります。

もし台風のシーズンに石垣島へ行く予定を立てていたり、荷物が多い…といった懸念がある方は、ピーチのほかにもJALやANAを利用するという選択肢も視野に入れて考えたほうがいいと思います。

簡単にJAL・ANA・ピーチの最安値を比較することができる、スカイチケット(国内格安航空券予約サイト)を見るなどして、どの航空会社を選べばいいのか検討してみてください。

大阪から石垣島までの移動時間

関西国際空港から新石垣空港(南ぬ島石垣空港)までのフライト時間は約2時間30分。

しかし、関西国際空港までの移動時間・搭乗手続き・降機手続きを考えると、移動時間は4時間以上かかると思っておいたほうがいいでしょう。

一般的な移動時間の目安をご覧ください。

関西国際空港までの移動時間+α
搭乗手続き1時間
フライト時間2時間30分
降機手続き30分
総時間4時間+α

特に搭乗手続きは時間に余裕をもって済ませておくことをおすすめします。

ピーチでは搭乗手続きに1分1秒でも遅れるとチケットはキャンセル扱いになり、また新しくチケットを購入しなければいけません。(実際に搭乗手続きが遅れてチケットがキャンセルになったことを説明されている場面を見たことがありますが…融通が利く感じは一切しませんでした)

またピーチの関西国際空港の発着は「関空第2ターミナルビル」の利用となります。つまりピーチのチェックインカウンターは「遠い」ということです。無料シャトルバスを利用して移動する必要があるので、時間に余裕をもって行動されることをおすすめします。

参考までに、私が実際に旅行したときのタイムテーブルです。

5:00自宅出発
5:45 南海電車 難波駅 発
↓(43分)
6:28 南海電車 関西空港駅 着
7:55第2ターミナル(石垣行きMM231)発
↓(2時間25分)
10:20新石垣空港 着
移動時間合計5時間35分

自宅を5:00に出発して、大阪から石垣島に到着するまで5時間35分。

フライト時間は7:45→10:10の予定でしたが、実際は10分遅れでの運航となりました。

それぞれ単体の移動時間はたいしたことないのですが、移動時間を合計すると約6時間かかって石垣島へ行っていたんだなぁと少し驚きました…。

格安で大阪から石垣島へ行くなら、やっぱりピーチがおすすめ

大阪から石垣島へ格安で行くなら、やはりLCCであるピーチを利用するのがおすすめです。

ただし、座席の間隔が狭い、チェックインカウンターが遠いなどのほか、チケットによっては手荷物を預かってもらうために追加料金が必要になることもあります。思っていたよりもお金がかかってしまった…ということにならないために、事前にある程度ピーチのチケットに関して調べておくことをおすすめします。

ピーチを予約する前に。3つの運賃タイプ「シンプルピーチ・バリューピーチ・プライムピーチ」を比較。おすすめは?

ピーチを予約する前に。3つの運賃タイプ「シンプルピーチ・バリューピーチ・プライムピーチ」を比較。おすすめは?

You may also like

I'm kaori.
Nice to meet you.

kaoriです。WEBデザインをしたりイラストを描いたりしています。本を読んだり絵を描いたりするのが好きなインドア派…だったのが「いろいろなことに挑戦してみたい!」の気持ちが大きくなり少しずつアクティブに。楽しかった旅の記録と日々の備忘録を兼ねたサイトです。お気軽にご覧ください。