Journal Clip

チョコレートってこんなに上品で美味しかったんだ…ピエール・マルコリーニのチョコを初めて食べて

チョコレートってこんなに上品で美味しかったんだ…ピエール・マルコリーニのチョコを初めて食べて

チョコレートってこんなに上品で美味しかったんだ…ピエール・マルコリーニのチョコを初めて食べて チョコレートってこんなに上品で美味しかったんだ…ピエール・マルコリーニのチョコを初めて食べて チョコレートってこんなに上品で美味しかったんだ…ピエール・マルコリーニのチョコを初めて食べて チョコレートってこんなに上品で美味しかったんだ…ピエール・マルコリーニのチョコを初めて食べて

今年のバレンタインは、ベルギー王室御用達のショコラティエ、ピエール・マルコリーニのチョコレートをはりきってプレゼント。

配達などの関係で1週間早いバレンタインになりました。

もちろん、私も食べる気まんまんなので、チョコレートの数は少し多めに。

…こんなにチョコレートって上品なものなのかと驚くほどの美味しさでした。

雑味がまったくない。

チョコレートが優しく口に広がって、夢のようにふわっと消えていく感じ。

小説やエッセイで、疲れたとき、がんばったときのご褒美として、美味しいチョコレートを1粒買って食べる、という文章を読んだことがあります。

ふーん、オシャレな感じね、と読んでいましたが、今回初めてそうする人たちの気持ちがわかったような気がします。

1粒を選ぶ楽しさとそのチョコレートを口に運ぶ瞬間。

オシャレな演出ではなく、自分自身をしっかり甘やかして労わってあげるためのチョコレート。

あぁ、大阪にも出店してくれないかな、ピエール・マルコリーニ。

『ピエール・マルコリーニ』
バレンタインセレクション